橿原市で行政書士をお探しなら【法務ルーム】へ|法人設立、建設業許可、運送業許可、知的資産経営などをサポートいたします|橿原市 行政書士

奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームでは法人設立のお手続きや建設業認可、運送業や風俗営業などの届出などのサポートを行っております。また知的資産経営のコンサルティングも行っております。【知的資産経営とは?】ノウハウや独自の技術・教育方針・やり方などその会社の特性をさらに活かした経営方法のこと まずはお問い合わせください。tel:0744-22-1886 メールフォームはこちらから(電話受付9:00~18:00)
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームでは法人設立のお手続きや建設業認可、運送業や風俗営業などの届出などのサポートを行っております。また知的資産経営のコンサルティングも行っております。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームでは法人設立のお手続きや建設業認可、運送業や風俗営業などの届出などのサポートを行っております。また知的資産経営のコンサルティングも行っております。橿原市で行政書士事務所をお探しなら行政書士事務所法務ルームへ!
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームの成年後見 奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームの遺言・相談 奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームの離婚 奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームの喋べルーム
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームの成年後見
【あなたを大切な家族を支える「成年後見制度」】こんな悩みはございませんか?「自分が認知症になった場合に備えて準備をしておきたい」「高齢になった母親を悪徳訪問販売員から守りたい」「認知症になった父に代わって、財産を管理したいなど」
成年後見とは?
成年後見制度とは認知症、知的障がい、精神障がい等の精神上の障がいによって、不動産の売買や預貯金の払戻しなどの財産管理や、病院、介護施設などへの入所契約の締結など、判断能力が不十分な方の支援を目的とした制度です。

自分に不利益な契約を結んでしまい、悪徳商法の被害にあうことがない様、家庭裁判所から選任された成年後見人が本人に代わって財産の管理や契約など、このような判断能力の不十分な方々を保護し、支援するのが成年後見制度です。

その方法として、『法定後見制度』と『任意後見制度』の2種類があります。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームでは法人設立のお手続きや建設業認可、運送業や風俗営業などの届出などのサポートを行っております。また知的資産経営のコンサルティングも行っております。
成年後見の種類
法廷後見制度
法定後見制度は、認知症や知的障がい・精神障がい等の精神上の障がいですでに判断能力が不十分な状態にある方がご利用いただける制度です。
本人の判断能力の程度に応じて、後見・保佐・補助の3つに区分され、本人、4親等内の親族などが、家庭裁判所に申し立てることができます。
この法定後見制度利用の要件である判断能力の有無や程度については家庭裁判所が判断します。
任意後見制度
任意後見契約は、本人の判断能力が十分あるうちに、将来判断能力が不十分になった時に備えて、財産管理や身上監護について代理権を与えておく契約を公正証書によって締結しておくものです。
本人の判断能力が低下した後に、契約で定められている行為を行うことができます。
支援してくれる任意後見人を今から決めておきたいものです。
財産管理委任契約
判断能力はあるけれど、将来のことを考えると不安だし、今でも自分に代わって、不動産や貯金の管理や光熱費や税金の支払いや役所への手続きなどをやってくれる人がいたら…と思うことがでてくるかもしれません。
そのような手続きを包括的に委任する契約書を作成しておくと便利だと思います。
任意後見契約
将来、判断能力が低下したときに備えて、まだ元気なうちにあらかじめ頼んでおいた任意後見人が財産の管理や生活のために必要な手続きを代理に行ないます。
法定後見制度
すでに判断能力が落ちてしまっている場合には、任意後見契約を結ぶことはできません。
自分の意志ではなく、家族やあなたを守ったり、法的な手続きを実行するために利用する制度です。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームの遺言・相続
老いと死と相続問題「円満な相続のために」こんな悩みはございませんか?「相続で争いが生じないように準備したい」「自分の財産を譲りたい人がいるor譲りたくない人がいる」「相続財産の分配方法について知りたいなど」
遺産相続手続き
相続人の調査 亡くなった方の生まれてから、亡くなるまでの戸籍を取り寄せます。
相続人を調べます。また相続人となる人の戸籍が必要です。
財産の調査 遺言書があるか確認します。財産には不動産や預貯金などのプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も含まれます。
遺産分割協議 法定相続人全員で財産をどのように分けるか話し合います。
遺産分割協議書は、この財産をどの様に分けるかの内容を記載した書面になります。全員が署名の上必ず実印を押印します。
財産の名義変更 不動産を相続財産として受け取った場合、名義変更をしていないと売却したり担保として金融機関から融資をうけられません。
税の申告 相続税が発生する場合は、相続が発生してから10ヶ月以内に申告をしなければいけません。
※法務ルームでは、一連の手続きのサポートをさせていただきます。
不動産の名義変更登記は司法書士、相続税の申告は税理士が行ないますのでご安心下さい。
遺言のすすめ
法務ルームでは、遺言書を作成することをおすすめしています。
遺言は大切な家族や大事な人を守るだけでなく、自分の最後の思いを伝えるためにも、とても必要なものです。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームでは法人設立のお手続きや建設業認可、運送業や風俗営業などの届出などのサポートを行っております。また知的資産経営のコンサルティングも行っております。
大事な人を守るための遺言書 最後の思いを伝えるための遺言書
遺言をしないで亡くなった場合は、法律で定められた人に法律で定められた割合で財産が分けられることになります。また、相続人全員で遺産分割協議をすることになります。大事な人に望む財産が渡らない可能性があります。 生前にお世話になった人への感謝の気持ちとして、財産を渡したり、自分の望む埋葬方法などを遺言することもできます。
老後のサポートのために
相続・遺言は死後の手続きやサポートになります。
自分が生きている間の備えや、老後の生活のサポートにはなりません。
元気な時は自分でなんでも出きるし、死後は遺言書で守られているので心配はいりません。
ところが、老いと共に判断能力がだんだんおちてきて、自分の財産の管理ができなくなることもあります。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームでは法人設立のお手続きや建設業認可、運送業や風俗営業などの届出などのサポートを行っております。また知的資産経営のコンサルティングも行っております。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームの離婚
離婚を手続き「離婚手続をサポート」こんな悩みはございませんか?「離婚の際にどういうことを取り決めたらいいか知りたい」「合意した離婚条件を書面に残したい」「離婚にまつわる手続きについて知りたいなど」
慰謝料
夫婦のどちらか一方に、明らかな離婚の原因がある場合は、慰謝料の支払いを請求できます。
金額は夫婦の話し合いで合意に達することができれば幾らでも構いませんし、分割払いも可能ですが、その場合は公正証書を作成しないと支払いが滞った時にすぐに強制執行をすることができません。
慰謝料を請求する場合、まず、内容証明郵便による支払請求をすることをおすすめします。内容証明郵便による請求の場合、相手方に対する要求を正確に伝えることができますし、経済的な負担も少なくて済みます。
それでも支払わない場合には、家庭裁判所に慰謝料請求調停の申立てをするのがよいでしょう。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームでは法人設立のお手続きや建設業認可、運送業や風俗営業などの届出などのサポートを行っております。また知的資産経営のコンサルティングも行っております。
公正証書
協議離婚をするときは、離婚条件について話し合いを重ねて、お互いが納得できる条件を取り決めたうえで、その条件を離婚協議書として書面にしておきます。
離婚協議書は契約書の一種ですが、それだけでは私文書にしか過ぎません。
もし、相手がその契約を破っても私文書だけでは強制執行をすることはできません。

離婚協議書を作成するときは、費用や手間はかかりますが、公正証書で作成しておくことを強くおすすめします。なぜなら、将来、養育費等の離婚給付の不払いが発生したときに、強制執行認諾条項付の公正証書を作成しておくと強制執行をすることもできるなどのメリットがあるからです。

法務ルームでは、公正証書の原案作成、作成手配、代理人としての作成を行っていますので、公証役場との面倒なやり取りを一切行わずに済むことができます。
また、ご自身で作成を希望される場合のサポートも致します。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームでは法人設立のお手続きや建設業認可、運送業や風俗営業などの届出などのサポートを行っております。また知的資産経営のコンサルティングも行っております。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームの喋べルーム
あなたの「お話をひたすらお聞き致します」こんな悩みはございませんか?「言いたいことが言えずに心にためこんでしまっている人…」「悩みがあるけれど聞いてもらう人が近くにいない人…」「誰かとお話をしたい人や誰かにお話を聞いてもらいたい人…」
喋べルームとは
「喋べルーム」は、あなたのお話をひたすらお聞きするサービスです。
あなたのお話に意見をしたりしません。
あなたが自分の思いを思いのままお話することで、心の整理ができ、心が楽になるようお手伝いをさせていただきます。
どんなお話でもお聞きします。
少しでも気持ちが楽になってお帰りいただければと思います。

※守秘義務がありますので他言はいたしませんのでご安心ください。
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームでは法人設立のお手続きや建設業認可、運送業や風俗営業などの届出などのサポートを行っております。また知的資産経営のコンサルティングも行っております。
お気軽にお問い合わせ下さい。即時に対応致します!tel:0744-22-1886(電話受付9:00~18:00)
【業務の流れ】1.【ご相談(面談)】お電話かメールフォームにてご連絡下さい。2.【調査】頂いた情報を基に調査致します。3.【書類作成】申請に必要な書類を作成します。4.【申請】必要書類を揃えて申請を行います。5.【許可】申請が通れば許可を頂けます。6.【営業許可】ついに企業としての活動を開始できます!
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームの知的資産経営のすすめ
奈良県橿原市にある行政書士事務所法務ルームのお客様の声
家庭の相談 無料相談会
行政書士事務所 法務ルーム
〒634-0804 奈良県橿原市内膳町4-4-1-702
TEL:0744-22-1886
FAX:0744-22-1887